はじめに

ピアスには、利用してもよい年齢などは別段定められてはいないのですが、だいたい高校生から大学生くらいの時期に付けるのが普通です。近年ではもっと早い年齢で身に付ける人もいます。海外の国々においては、赤ちゃんの時期にピアスホールの貫通を行うところもあるそうですので、エリアによってだいぶ異なります。
ファッショナブルな見た目のピアスは、今では本当に増えたと思います。簡単な輪っか型やチェーン型のみでなく、奇抜なフォルムをしたものや、細かな図柄が施されたものなど、好きなアイテムが絶対に見つけ出せるという点は魅力的ですよね。お願いすればオーダーメイドの一品も手軽に作れるので◎です。
ちょっと前まではピアスと言えば、日本では女性が楽しむアクセサリーの1つでした。しかしその後、男性有名芸能人などがピアスを身に付けたままテレビドラマなどに出ると、一般の男の人もピアスを付けるようになったのです。男性は片方の耳にだけピアスを付けるなど昔は決まりが存在しましたが、現在はそのような決まりも無くなっているようです。

辞書『広辞苑』にも説明があるのですが、ピアスとは耳の穴に通して身に付けるイヤリングを意味します。女性を中心に愛用する人がたくさん居るのですが、少し前から男の人たちもピアスを装着するようになっていきました。社会人になるといまだに男の人のピアスはNGですが、女の人のピアスは社会の中でも全く問題はありません。
どれだけアクセサリーの認められる女の人だと言っても、耳以外に付けたピアスは、ビジネスの現場では通じません。例えば鼻にピアスを開けてもいいのですが、その手のピアスはちゃんとしたビジネスの場面では駄目です。耳なら何ら問題ないですが、それ以外はビジネスの場面ではやめましょう。
料金や大きさを考慮に入れると、ピアスはいい贈り物になります。恐縮されるほど高くはなくて、かさばりもしないので、ギフトとしてはすごく向いているグッズです。プラスしてずっと使用してもらえる耐久力もあるので、時間を掛けて贈る相手の趣味嗜好を考えてプレゼントしてみるといいと思います。

耳に取り付けるピアスが主流ですが、古代のローマにあっては、男の人が乳首の先にピアスを付けていたとの歴史もあります。古代のローマでは上半身裸にマントを羽織るため、そのマントがずれてはだけないように乳首のピアスの金具で留めていたらしいのです。本来はファッションではなく、生活日用品だったのです。
ピアス製品は、昔から今までずっと変わらずニーズのあるファッションアイテムです。日本国内においても今では、大半の方が耳たぶくらいにはピアス穴を開けるようになりました。愛好者といわれる方たちは、耳だけじゃなく鼻やまぶた、腕など身体のありとあらゆる部位にピアスを設置していて、一見すると驚くべき外見に変貌している方たちも存在します。